□  2017.08 □  07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫09
プロフィール

藹

Author:藹
 
太古の時代、グリーンランド沖で海底に沈み、4000年を超える悠久の地球の旅を続けるという「海洋大循環」に由来する海洋深層水は、「神秘の水」と言われる超海洋深層水です。

ミネラルバランスが良く、理想的な飲料水として世界から注目され始めています。

妊娠・出産・子育てにお勧めの、素晴らしいお水であるとお勧めできます。

この母なる海からの贈り物、海洋深層水に色々な情報並びに、健康や美容について提供したいなぁと思っています。

『お水のお店』

お水のお店へ


いらっしゃいませ
ブロとも申請フォーム



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
変温動物?!後編
変温動物のように、体温の上下が激しい、こどもたちが、何故増えているのでしょうか。
つまりは、何故、「体温調節機能」が衰えたのか?/未熟なのか?ということを考えなければいけないのでしょう。

体温は、脳の生命の中枢部位で、「命の座」言われる脳肝(間脳 -脳幹に含むか否かの見解の相違あり-、中脳、橋、延髄)の間脳における視床下部の体温調節中枢でコントロールされています。

まず、低体温の傾向は、生後2~3週間の温度環境によるものだと考えることができます。一つの要因として、赤ちゃんが、寒暖の変化をあまり経験していないことを挙げる事ができるでしょう。

常に一定の温度環境にある病院で生まれ、約1週間前後、その快適な温度変化のない環境で過ごします。その後自宅へ戻っても、やはり24時間エアコンでもって、室温を保っているというそんな環境が、体温調節中枢を刺激しない状況を作り出しているのではないかと考えられます。

それは、赤ちゃんの「熱を作る」という力、「熱を作れ」と指令を出す機能の発達が促進しない状況であるといいます。

昔の助産師さんには、生まれたての赤ちゃんを、唇が青くなるほどまで放置して、青くなってから初めてゆっくりと温めてあげる人がいたそうです(寒冷刺激の究極の技とも言えるのではないでしょうか)。
そうすることで、温度の変化を体感・体験をさせ、熱を作る力をより強く育むことになるのでしょう。
視床下部の体温調節中枢が、ガンガンと刺激を受けるんでしょうか。

ただ、分娩室の室温24~26度というのは、これまで約37度ちょっとの子宮内にいた赤ちゃんにとっては、急激な温度変化です。その環境に長く放置すると、低血糖症を引き起こしたり、自律神経機能の正常化を長い時間抑制することにもなる危険性があるという指摘もあります。

寒冷刺激の意義は、否定されるものではありませんが、程度によっては、様々な危険を惹起させることも認識しなければいけません。
自然分娩の素晴らしさと同時に、危険性も認識しなければいけないという指摘があることは否定できません。

熱を発散できないという事実は、汗の出る腺(能動汗腺)が開かないまま育っていることが要因の一つと考えられます。
汗をかくための汗腺の数は、3歳までにどれほどの汗をかいたかによって決まります。

暑い夏には、エアコンを低温に設定して、赤ちゃんが全く汗をかかないほど快適な環境を作る親御さんがいらっしゃいます。
確かに、汗をかいて「暑い!」といって起きちゃったり、寝ないこどもさんもいますよね。
エアコンをつけて、適度に室温の調整をすることは必要ですが、汗もかかないほどの室温の設定は、赤ちゃんやこどものためにはならないのですね。
(赤ちゃんは、体温調節機能が未発達で未熟ですので、特に暑い日には、注意が必要です。エアコンでの室温調節は必ず行ってください。)

外で思いっきり遊んで汗をかき(猛暑日のような日は、控えるべきですよ)、お風呂にゆっくり入って汗をかくことが、体温調節を上手く働かせることに繋がります。

やっぱり、運動とお風呂ですね。

自律神経を司る中脳や交感・副交感神経機能や内分泌機能を調節する視床下部の機能が当り前に働かなくなっていることが、この変温動物のような体温の動きにみることができます。

便利になったことが、生物として、人として、当り前に持ち合わせていた機能、厳しい自然の中で獲得してきた機能を失うことに繋がるような、そんな時代です。

便利なものとは上手く付き合っていかなければいけませんね。

お水のお店へ ポチっと押してね♪

スポンサーサイト
2007.10.03(Wed)  妊娠 出産 育児COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
なんでもかんでも







■モバイルブログ お水のお店 モバイルブログ お水のお店へ






TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。