□  2017.08 □  07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫09
プロフィール

藹

Author:藹
 
太古の時代、グリーンランド沖で海底に沈み、4000年を超える悠久の地球の旅を続けるという「海洋大循環」に由来する海洋深層水は、「神秘の水」と言われる超海洋深層水です。

ミネラルバランスが良く、理想的な飲料水として世界から注目され始めています。

妊娠・出産・子育てにお勧めの、素晴らしいお水であるとお勧めできます。

この母なる海からの贈り物、海洋深層水に色々な情報並びに、健康や美容について提供したいなぁと思っています。

『お水のお店』

お水のお店へ


いらっしゃいませ
ブロとも申請フォーム



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
よ、よ、4時?!
夜中の24時を過ぎた頃、階段のライトが点き、階段を上がってくる音が聞こえる。
「水でも飲みにきたのかな?」と思いながら、仕事を続けていると、なんと息子の「まんま、まんま」という声が聞こえてくるじゃないか!

扉を開ける妻は、やはり息子を抱えていた。

あまり寝ぼけた感じのない息子は、起きると「まんま、まんま」と言い出して止めないため、仕方なくご飯を食べに上がってきたそうだ。

とりあえず、息子用のお煎餅やクッキーを与えてみると、「おいちぃ、おいちぃ」とご機嫌さん。

「寝ぼけて、朝と間違えてるんとちゃうやろか?」と妻と話していると、どんどん、どんどん元気になってくる。
絵本を読んだり、CDを掛けたり、パソコンをいじったり、暴れたりと、昼間の遊びのように。

一端寝室に戻ったけれど、また「まんま、まんま」といって賑やかに上がってくる。
息子は寝る気配がないため、妻は布団を敷いて、寝ることに。

息子は横になっている妻に、「おいちぃ、おいちぃ」と言いながら、クッキーを無理やり食べさせている。
妻の口に、クッキーをこじ入れているんだから、妻もたまらない。
無理やり口に入れ終わると、「おいちぃ、おいちぃ」と言って、これまた満足そうな顔をしながら、クッキーを頬張る。

息子の暴走はそれから収まる気配なく、気がつくと朝の4時を過ぎていた。
その頃には、僕も大分お酒が入って眠気もピークで、息子の怪獣ぶりは、もう勘弁して状態。

怪獣息子が、新聞紙をグチャグチャしだして、紙が刷れる地味な五月蝿さが、癇に障ったのか、僕は息子に説教をしだして、怒って寝室に行ったことを覚えている。

リヴィングの扉を閉めて、寝室に向かった僕に対して、息子は「なんでや~~~!なんで遊ばへんのや~!」と訴えて、ギャーギャー泣いていた。
でも、間もなくして寝てしまったようだ。
その時間は既に4時半頃のこと。疲れたぁ。こんなこと初めて。

お水のお店へ ポチっと押してね♪

スポンサーサイト
2007.10.05(Fri)  妊娠 出産 育児COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
なんでもかんでも







■モバイルブログ お水のお店 モバイルブログ お水のお店へ






TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。