□  2017.08 □  07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫09
プロフィール

藹

Author:藹
 
太古の時代、グリーンランド沖で海底に沈み、4000年を超える悠久の地球の旅を続けるという「海洋大循環」に由来する海洋深層水は、「神秘の水」と言われる超海洋深層水です。

ミネラルバランスが良く、理想的な飲料水として世界から注目され始めています。

妊娠・出産・子育てにお勧めの、素晴らしいお水であるとお勧めできます。

この母なる海からの贈り物、海洋深層水に色々な情報並びに、健康や美容について提供したいなぁと思っています。

『お水のお店』

お水のお店へ


いらっしゃいませ
ブロとも申請フォーム



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
北極の氷がなくなってきた?
北極海:多年氷面積、2年前より23%減少 観測史上最低に--NASA【毎日新聞】
米航空宇宙局(NASA)は1日、北極海を覆う多年氷の面積が2年前に比べ2割以上も激減し観測史上最低になったと発表した。NASAの研究チームによると、多年氷に成長するはずだった季節氷を北極海から温水域に押し出してしまう異常な風が原因で、今世紀に入って顕著になった現象だ。


ちょうど一週間前の10月2日の毎日新聞の記事なのですが、北極海の二夏以上経過した「多年氷(multi-year ice)」に成長するはずの季節氷が、異常に強い風によって、氷にならない暖かい水域まで流されてしまったようです。
よって、多年氷の面積が大きく減少したようです。

◆上記の元情報となるNASAの発表
http://www.nasa.gov/vision/earth/lookingatearth/quikscat-20071001.html

でも、この夏に認識していた情報と少し違うので、以前に確認した記事を再度ちょっと調べてみることにしました。

http://www.eorc.jaxa.jp/imgdata/topics/2007/tp070823.html

なぜ今年は、このように融けるのが速いのでしょうか。今年の気象および海氷条件から推定される原因は、1)太陽が沈まない(白夜)6-7月の晴天率が高かったため、太陽光をより多くうけて海氷が暖められた、2)融解期を迎える前までに、極点に近い海域にまで薄い海氷が侵入し、融けやすい状態になっていた、3)夏季に海氷が融けてなくなった海域の海水温度が例年になく高くなっていた、ことなどが重なったと考えられます。

海氷域全体の広さは2年の間にあまり大きく変動していませんが、水色で示された多年氷の割合が急速に減少している様子が分かります。この原因は、矢印を見ても分かるように、グリーンランド北東端に位置するフラム海峡を通した、多年氷の大西洋への流出が近年増加していることが一因となっていると考えられます。また、夏期に暖められた海水が、秋期から冬期にかけての海氷生成を遅らせることにより、海氷の成長が妨げられている(厚い氷ができにくくなっている)ことも原因として考えられます。

北極海の氷 観測史上最小を更新
北極の海をおおう氷は、今年過去に例のない速度で減少を続け、最小面積の記録を更新し続けてきましたが、夏の終わりを迎え、氷が再度張り始めたことから、今年2007年9月24日に記録された425.5 万平方キロメートルが衛星の観測史上最小面積の記録となりました。以前最小面積を記録した2005年の約530万平方キロメートルに比べ日本列島約2.8個分の氷が消失したことになります。

北極海の氷、地球温暖化で観測史上最少レベルに=米研究者【ロイター 10月2日配信】
北極海の海氷が、1970年代に衛星による観測調査を初めてから最少レベルに達したことが明らかになった。米コロラド大学ボールダー校にある国立雪氷データセンターが1日に発表し、人類がもたらした地球温暖化の影響と指摘した。

北極の海氷、温暖化で40%以上が消失へ・米海洋大気局見通し【日経新聞】
米海洋大気局(NOAA)の研究チームは6日、2050年までに北極の海氷が1979―99年の平均に比べて40%以上、解けてなくなるとの見通しを公表した。地球温暖化の影響で、ホッキョクグマや海中の生物などの生態系も崩れる恐れがあると警告した。

どうも「異常に強い風による季節氷の温水域への流出」だけが、多年氷面積の減少であるとは考えられないと私は思います。
ところで、「異常に強い風」の発生の原因とは、何なんでしょうかねぇ。「異常」な強さなのですから、それなりの特別な原因があると考えるのが合理的であると思います。

事実として、北極に生息する動物たちは、温暖化によって厳しい状況におかれています。
温暖化によって、アザラシの氷の巣が崩れてしまい、厳しいブリザードによって、アザラシの赤ちゃんたちが死んでしまっていることも指摘されています。

10月6日に公開されている『北極のナヌー』は、温暖化に直面している北極について考えさせられる要素になると思います。

多年氷の面積の減少が、温暖化によるものであるとしても、そうでないとしても、危機的な状況に直面している北極海に生息する動物たち。
もし、私たち人間に起因する温暖化によるものであるのなら、よりその責任を負うべく、私たちができることをしなければいけないと思います。

温暖化による減少でなくとも、直面する問題の解消に努めることは、私はすべきであると思います。
何でもかんでも「イデオロギー」の対立にして、結果として問題解消への足枷となっているのではないかと、思われるような動きがありますが、そんなことに惑わされずに、問題の解消への実践的言動をしたいと思います。

お水のお店へ ポチっと押してね♪


【TB送信先】

http://japanwaterforum.blog67.fc2.com/blog-entry-6028.html

http://fag-marketing.seesaa.net/article/59729904.html

http://momokyu.jugem.jp/?eid=120

http://blog.goo.ne.jp/i060614b/e/4fed7f72a2c328a8c594c9aa3512957f

http://otomitv.seesaa.net/article/58847797.html

http://blog.seesaa.jp/tb/58847797

http://blog.goo.ne.jp/es-125/e/45bd6f80c3f2b86d0a40294fdc8ef8c1

http://blog.livedoor.jp/evergreentokyo/archives/51225370.html

http://blogs.yahoo.co.jp/kassy1946/22852700.html

http://blog.goo.ne.jp/life_be/e/d9c02c14d27cbef6046caf02b9556691

http://momokashinbun.blog121.fc2.com/blog-entry-12.html

http://goodnew.ti-da.net/e1769227.html

http://inevitability.seesaa.net/article/58586120.html
スポンサーサイト
2007.10.10(Wed)  環境COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
なんでもかんでも







■モバイルブログ お水のお店 モバイルブログ お水のお店へ






TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。