□  2017.10 □  09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫11
プロフィール

藹

Author:藹
 
太古の時代、グリーンランド沖で海底に沈み、4000年を超える悠久の地球の旅を続けるという「海洋大循環」に由来する海洋深層水は、「神秘の水」と言われる超海洋深層水です。

ミネラルバランスが良く、理想的な飲料水として世界から注目され始めています。

妊娠・出産・子育てにお勧めの、素晴らしいお水であるとお勧めできます。

この母なる海からの贈り物、海洋深層水に色々な情報並びに、健康や美容について提供したいなぁと思っています。

『お水のお店』

お水のお店へ


いらっしゃいませ
ブロとも申請フォーム



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
『不都合な真実』の9つの間違い 
一昨日のエントリでは、下記のように私は書きました。

英国では、ブレア前政権下の今年の2月、3500の中学校に同映画のDVD配布を決めたようです。
それに対して、「科学的根拠がない映画」だとして、保護者が同映画の学校での上映を差止めする訴訟を提起し、高等法院で判決が10月10日にあったようです。
高等法院はイングランド・ウェールズ最高裁判所の3法院の一つで、終審裁判所です。つまり、判決が確定しました。

不都合な真実:ゴア氏映画に科学的間違い…英高等法院【毎日新聞 2007年10月12日】
 地球温暖化を警告したゴア前米副大統領のドキュメンタリー映画「不都合な真実」の内容が「政治的だ」などとして、英国の中等学校で上映しないように保護者が求めた訴訟で、英高等法院は10日、「大筋で正確である」として原告の訴えを退けたものの、映画には9つの「科学的な間違い」があると指摘した。

ゴア氏に「不都合な判決」=出演映画に9つの科学的誤り-英裁判所【時事通信 2007年10月12日】
 【ロンドン11日時事】11日付の英各紙によると、同国高等法院は10日、ゴア前米副大統領が出演した地球温暖化を警告する映画「不都合な真実」に科学的な誤りがあるとして、学校で上映する際には適切な説明を加えるよう求めた。
同法院は(1)映画で「近い将来、氷が解けて海抜は最大20フィート上昇する」とされているが、これは数千年ないしもっと後の話(2)「キリマンジャロの雪が解けたのは、地球温暖化による」とあるが、科学的に断定できない-など9つの誤りを指摘。学校での上映禁止要求は退けたものの、上映の際には生徒に対し「偏りがある」ことを注意喚起するよう促した。



しかし、肝心の判決文を全く確認しておりませんでした。
よって、確認しました。確認してから書くべきでした。当り前のことができていませんでした。

とにかく、当該判決書です。

 ◇ Dimmock v Secretary of State for Education & Skills [2007] EWHC 2288 (Admin) (10 October 2007)

紹介しました記事では、9つの間違いについて明示されていませんでした。
まず、裁判所が認定した9つの間違いをば、ご紹介します。


The 'Errors'

■誤り(1)
1. 'Error' 11: Sea level rise of up to 20 feet (7 metres) will be caused by melting of either West Antarctica or Greenland in the near future.
【訳】近い将来、西南極大陸または、グリーンランドの氷が溶けることで、最大20フィート(7m)の海面上昇が引き起こされるだろう。

■裁判所の判断
This is distinctly alarmist, and part of Mr Gore's 'wake-up call'. It is common ground that if indeed Greenland melted, it would release this amount of water, but only after, and over, millennia, so that the Armageddon scenario he predicts, insofar as it suggests that sea level rises of 7 metres might occur in the immediate future, is not in line with the scientific consensus.
【要約】当該事実が近い将来に起こる蓋然性の高さについては、科学的なコンセンサスはない。


■誤り(2)
2. 'Error' 12: Low lying inhabited Pacific atolls are being inundated because of anthropogenic global warming.
【訳】海抜の低い太平洋の環状珊瑚の島々は、人為的な地球温暖化のために、水没の危機にある。

■裁判所の判断
In scene 20, Mr Gore states "that's why the citizens of these Pacific nations have all had to evacuate to New Zealand". There is no evidence of any such evacuation having yet happened.
【要約】海面上昇によって、当該島々の市民が、ニュージーランドに避難したという事実を証明するものがない。


■誤り(3)
3. 'Error' 18: Shutting down of the "Ocean Conveyor".
【訳】「海洋コンベア」の停止

■裁判所の判断
In scene 17 he says, "One of the ones they are most worried about where they have spent a lot of time studying the problem is the North Atlantic, where the Gulf Stream comes up and meets the cold wind coming off the Arctic over Greenland and evaporates the heat out of the Gulf Stream and the stream is carried over to western Europe by the prevailing winds and the earth's rotation ... they call it the Ocean Conveyor … At the end of the last ice age … that pump shut off and the heat transfer stopped and Europe went back into an ice age for another 900 or 1000 years. Of course that's not going to happen again, because glaciers of North America are not there. Is there any big chunk of ice anywhere near there? Oh yeah [pointing at Greenland]". According to the IPCC, it is very unlikely that the Ocean Conveyor (known technically as the Meridional Overturning Circulation or thermohaline circulation) will shut down in the future, though it is considered likely that thermohaline circulation may slow down.
【要約】IPCCによると、海洋コンベアが将来停止するのは、非常に低いが、熱塩循環が減速する蓋然性は考えられる。


■誤り(4)
4. 'Error' 3: Direct coincidence between rise in CO2 in the atmosphere and in temperature, by reference to two graphs.
【訳】(2つのグラフの参照をしながら)大気中の二酸化炭素濃度と気温の上昇の間の直接的な連関がある。

■裁判所の判断
In scenes 8 and 9, Mr Gore shows two graphs relating to a period of 650,000 years, one showing rise in CO2 and one showing rise in temperature, and asserts (by ridiculing the opposite view) that they show an exact fit. Although there is general scientific agreement that there is a connection, the two graphs do not establish what Mr Gore asserts.
【要約】65万年の期間における、二酸化炭素と気温上昇の正確な関連を主張をし、それに関する一般的な科学的合意はあるとされているが、ゴア氏が主張する強い連関を示す科学的確証はない。


■誤り(5)
5. 'Error' 14: The snows of Kilimanjaro.
【訳】キリマンジャロ山の氷雪

■裁判所の判断
Mr Gore asserts in scene 7 that the disappearance of snow on Mt Kilimanjaro is expressly attributable to global warming. It is noteworthy that this is a point that specifically impressed Mr Milliband (see the press release quoted at paragraph 6 above). However, it is common ground that, the scientific consensus is that it cannot be established that the recession of snows on Mt Kilimanjaro is mainly attributable to human-induced climate change.

【要約】キリマンジャロ山の氷雪の消失が、明らかに地球温暖化が起因するものと主張しているが、その氷雪の消失・後退が人間が起因する気候変動であることは、科学的に確証できていないのが共通認識である。


■誤り(6)
6. 'Error' 16: Lake Chad etc.
【訳】チャド湖など

■裁判所の判断
The drying up of Lake Chad is used as a prime example of a catastrophic result of global warming. However, it is generally accepted that the evidence remains insufficient to establish such an attribution. It is apparently considered to be far more likely to result from other factors, such as population increase and over-grazing, and regional climate variability.

【要約】チャド湖の干上がった事実は、地球温暖化の破滅的な結末を示す顕著な事実の例として挙げられるが、その科学的証拠はそのような結論を確定するのには、まだ不十分であると一般的に受け取られている。それは見たところ、人口増加や過度の放牧等及び地方の気候の不安定に起因する可能性がはるかに高いと思われる。


■誤り(7)
7. 'Error' 8: Hurricane Katrina.
【訳】ハリケーンカトリーナ

■裁判所の判断
In scene 12 Hurricane Katrina and the consequent devastation in New Orleans is ascribed to global warming. It is common ground that there is insufficient evidence to show that.

【要約】ハリケーンカトリーナ及びニューオーリンズの必然的な荒廃は地球温暖化に起因していると主張している。しかし、それを示す証拠は不十分があるというのが共通の認識である。


■誤り(8)
8. 'Error' 15: Death of polar bears.
【訳】北極グマの死

■裁判所の判断
In scene 16, by reference to a dramatic graphic of a polar bear desperately swimming through the water looking for ice, Mr Gore says: "A new scientific study shows that for the first time they are finding polar bears that have actually drowned swimming long distances up to 60 miles to find the ice. They did not find that before." The only scientific study that either side before me can find is one which indicates that four polar bears have recently been found drowned because of a storm. That is not to say that there may not in the future be drowning-related deaths of polar bears if the trend of regression of pack-ice and/or longer open water continues, but it plainly does not support Mr Gore's description.

【要約】映画では、生きるために、60マイル先の氷を目指して泳がなければならない、北極グマの現実があり、溺死する現実が紹介されている。これまでは、そんな事実はありえなかったと。しかし、最近では4頭の北極熊が嵐のために溺死した事実が科学的に示されている。たとえ、北極海の氷が溶解し、氷に覆われない時期が長くなったとしても、北極グマの溺死の蓋然性が皆無とは言えないが、それを示す科学的論拠はない。


■誤り(9)
9. 'Error' 13: Coral reefs.
【訳】珊瑚礁

■裁判所の判断
In scene 19, Mr Gore says: "Coral reefs all over the world because of global warming and other factors are bleaching and they end up like this. All the fish species that depend on the coral reef are also in jeopardy as a result. Overall specie loss is now occurring at a rate 1000 times greater than the natural background rate." The actual scientific view, as recorded in the IPCC report, is that, if the temperature were to rise by 1-3 degrees Centigrade, there would be increased coral bleaching and widespread coral mortality, unless corals could adopt or acclimatise, but that separating the impacts of climate change-related stresses from other stresses, such as over-fishing and polluting, is difficult.

【要約】実際の科学的な見解は、海水の温度が1~3度上昇した場合、珊瑚の白化が増加し、それによって珊瑚が死ぬだろう。しかし気候の変動によるインパクトや、過度な漁業、海水の汚染というような他のストレスと分離することも困難であるとされている。


9つの誤りとは、以上の通りです。
しかし、この判決書に鑑みると、「誤り」とは言えないということが判ると思います。

ゴア氏が指摘するような事実は、まだ科学的な証明として一般的なコンセンサスが得られていない状況である、だけで、ゴア氏の主張が誤りであると認定するものではないのです。

「Error」という表現はされていますが、「Error」と断定するものではないということです。
つまりは、明白な誤りを指摘するものは全くないことが判りました。

そして、この判決においては、極めつけのオチがあります。

The Defendant does not intend now to continue with the old position, but has already amended the Guidance Note on the website, and stands ready to distribute it in hard copy if my judgment permits. There is no longer therefore any need for relief in respect of the film otherwise than as accompanied by the present Guidance Note. Mr Chamberlain submits that, even without the changes, the Defendant was not in breach of ss406 or 407. Mr Downes submits, as set out in paragraph 12 above, that the breach of s406 is irremediable, by virtue of the simple sending to schools of the film, irrespective of any accompanying Guidance Note, and in any event does not accept that the amendments to the Guidance Note are sufficient to comply with any palliative under s406 or duty under s407.


簡単に表現すると、「訴えの利益がない」ということで、原告の主張が否定されたのです。

私が危惧した事実も解消されている情況にあった訳です。

「被告は、これまでのやり方を継続することに拘ることなく、新しい指導要領を公表し、判決の許可が得られたら、直ちに問題の解消のための配慮すべき文書の配布をすることを準備しているので、本件映画に関する問題は解消し、当該訴えの利益は不存在である」という判決を下しました。

「訴えの利益の喪失」です。

つまり、「訴えること自体がナンセンス」であると裁判所が判断したという事件です。

これが現実です。

お水のお店へ ポチっと押してね♪



映画『不都合な真実』上映には指導要領が必要、英裁判所が判断

原告のDimmockさんは、非主流派政治団体「New Party」のメンバー。同組織は経済的自由主義、政治改革、および国際主義を掲げ、実業家や中小企業で働く人が支持者の中心となっている。

 同組織は気候変動が重要課題であることは認めるものの、その原因が人間にあるとの論拠は絶対でないと主張し、新技術の開発、新しい原子力発電所の建設、および開発途上国でのクリーン・テクノロジー支援における「前向きな動機」の提供を提唱している。


『不都合な真実』をめぐる英国の訴訟:資金源が明らかに

Dimmock氏の訴訟費用は、「教室に政治を持ち込ませない」をスローガンに掲げて9月半ばに創設された『Straightteaching.com』からも提供されている。

これまでのところ、Dimmock氏の訴訟は、Straightteaching.comの主張を全面に押し出した形で進んでいる。


原告は、この団体から資金援助を得ているとか。



【TB送信先】

◆ http://jugem358.jugem.jp/?eid=7

◆ target=_blank>http://blogs.yahoo.co.jp/kassy1946/23518397.html

◆ http://matsu80.seesaa.net/article/60110876.html

◆ http://blog.livedoor.jp/ganbare_watashi/archives/50933183.html

◆ http://blog.livedoor.jp/magazine001/archives/51197859.html

◆ http://fratdrive.net/?itemid=1013

◆ http://blogs.yahoo.co.jp/vvvf7765/5180683.html

◆ http://the-glenlivet.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_39b2.html

◆ http://blog.livedoor.jp/tinyclementine/archives/103657.html

◆ http://tomokosp.blog106.fc2.com/blog-entry-1632.html

◆ http://gothamdiary.blog101.fc2.com/blog-entry-150.html

◆ http://iwaiwa.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_c9da.html
スポンサーサイト
2007.10.20(Sat)  環境COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
なんでもかんでも







■モバイルブログ お水のお店 モバイルブログ お水のお店へ






TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。