□  2017.06 □  05≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫07
プロフィール

藹

Author:藹
 
太古の時代、グリーンランド沖で海底に沈み、4000年を超える悠久の地球の旅を続けるという「海洋大循環」に由来する海洋深層水は、「神秘の水」と言われる超海洋深層水です。

ミネラルバランスが良く、理想的な飲料水として世界から注目され始めています。

妊娠・出産・子育てにお勧めの、素晴らしいお水であるとお勧めできます。

この母なる海からの贈り物、海洋深層水に色々な情報並びに、健康や美容について提供したいなぁと思っています。

『お水のお店』

お水のお店へ


いらっしゃいませ
ブロとも申請フォーム



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
腎臓の機能
昨日、腎臓についてコメントしました。
これから、何回かに分けて、臓器についてお話したいなぁと思っています。
もしかしたら、それぞれの臓器の隠れた機能や重要な意義を再確認できるお手伝いになればと。

本日も少し腎臓の機能について、もう少しご紹介します。


腎臓の働きは、血液から「尿」をつくることであることは良く知られていることとご紹介しましたが、さて、血液から尿を作る目的とは、一体なんなのでしょうか。

これまた、よく知られているのは、細胞から排出される体内代謝産物の老廃物を体の外へ出すためのものとして尿が作られます。

「糸球体」で血液をろ過して原尿を作り、その原尿に含まれる体に必要なものを「尿細管」から「集合管」で再吸収され、不必要なものが尿となります。

基本的に尿細管から集合管で再吸収されるのは、原尿の約99%で、尿となるのはたった1%ほどです。
1日に原尿が約180リットルほど作られる訳ですから、それも理解できますよね。

その他の腎臓の働きは、あまり知られていませんが、体内の水分量の調節や血圧の調節、塩分の調節や体液の濃度・量の調節、血液のペーハー(ph)バランスの調整や、その他内分泌的な働きも担っています。

因みに、尿の約95%が水、5%が固形成分で構成されており、固形成分は、これまた有機物と無機物で構成されています。


◆体内のクリーニング工場【腎臓】の健康チェック

1 尿が以前より泡立つようになった
2 尿の色が赤っぽくなった
3 夜中に2回以上トイレに起きる
4 排尿後に残尿管がある
5 朝起きて、顔や足のむくみがある
6 背中の奥のほうが痛む
7 頭痛やめまいを感じる
8 瞼の裏が白い
9 口臭がする
10 無理をしていないのに、だるい

お水のお店へ ポチっと押してね♪

スポンサーサイト
コメント

 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
なんでもかんでも







■モバイルブログ お水のお店 モバイルブログ お水のお店へ






TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。