□  2017.10 □  09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫11
プロフィール

藹

Author:藹
 
太古の時代、グリーンランド沖で海底に沈み、4000年を超える悠久の地球の旅を続けるという「海洋大循環」に由来する海洋深層水は、「神秘の水」と言われる超海洋深層水です。

ミネラルバランスが良く、理想的な飲料水として世界から注目され始めています。

妊娠・出産・子育てにお勧めの、素晴らしいお水であるとお勧めできます。

この母なる海からの贈り物、海洋深層水に色々な情報並びに、健康や美容について提供したいなぁと思っています。

『お水のお店』

お水のお店へ


いらっしゃいませ
ブロとも申請フォーム



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
IPCC 第4次統合報告書 
IPCCの第27回総会が、第4次統合報告書の承認をして閉幕しました。

IPCC:温暖化阻止へ政治行動促す 第4次報告書【毎日新聞】
http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=10504&hou_id=9055
最も厳しい排出削減策でも、経済的損失は世界平均で年間0.12%以下の国内総生産(GDP)成長率低下にとどまると推計した。

一つの意見として、大変貴重なデータであると思います。

温暖化報告書 科学的データを政策に生かせ【毎日新聞社説 2007年11月20日 】

2013年以降のポスト京都の枠組み作りとして重要視されているCOP13の土台となるのが、この度の報告書だそうです。
読み込みが必要です。

 その時に特に注目したいのは、今後20~30年の間にどれほどの努力と投資がなされるかが、地球の将来の鍵を握る、というIPCCの指摘だ。対策をとることで、多くの影響が回避、遅延、低減できるが、排出の削減が遅れると悪影響のリスクが高まる。

費用対効果の問題ですが、これについては様々な意見がありますね。
これについても、様々な角度から評価されることがこれからも必要だと思います。

それにしても、一生懸命にIPCCの報告書批判をする人たちがまだまだいらっしゃるようですね。
批判は結構。でもその批判に合理性があるのでしょうか?
合理的な批判を期待してみましょう。当然それはそれで建設的な議論にもなるでしょうし。

お水のお店へ ポチっと押してね♪

スポンサーサイト
2007.11.21(Wed)  環境COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
なんでもかんでも







■モバイルブログ お水のお店 モバイルブログ お水のお店へ






TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。