□  2017.10 □  09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫11
プロフィール

藹

Author:藹
 
太古の時代、グリーンランド沖で海底に沈み、4000年を超える悠久の地球の旅を続けるという「海洋大循環」に由来する海洋深層水は、「神秘の水」と言われる超海洋深層水です。

ミネラルバランスが良く、理想的な飲料水として世界から注目され始めています。

妊娠・出産・子育てにお勧めの、素晴らしいお水であるとお勧めできます。

この母なる海からの贈り物、海洋深層水に色々な情報並びに、健康や美容について提供したいなぁと思っています。

『お水のお店』

お水のお店へ


いらっしゃいませ
ブロとも申請フォーム



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
手術はあくまで対症療法
ガンを外科的手術で取り除いたり、化学療法で取り除くことが出来た後に、ガン転移が見つかり、亡くなるという事実が多いです。

先日、私の親の友人も、そうでした。

手術でガンを取り除くことが出来ると、患者は、それで完治したと勘違いするようです。
単にがん細胞の塊がなくなっただけで、細胞分裂の異常が改善されたわけでもないのに。

ガン細胞を摘出する手術や抗癌剤治療等の、化学的療法は、あくまで、対症療法であり、疾病の根治を目的とするものではありません。

風邪を引いて、熱発し、それを無理やり解熱する対症療法と同じ。
解熱しても、体内に入ったウィルスを撃退したわけじゃない。
熱を無理やり下げただけで、身体にとっては、より深刻な状況を作り出しているのです。
それを理解している人があまりにも少ない。

手術後の敗血症の原因を医師が解っていないこと事実をどれほどの人たちが知っているでしょうか。

外科医の知識不足を如実に指摘できる事実です。

化学療法で、免疫力が格段に低下している状況で、十分な身体の休息をせずに、仕事に復帰する患者が、ガンの再発・転移を引き起こしている現状は、ただただ残念な事実です。

ガンの手術で、ガン細胞を摘出しても、問題は改善されていません。
細胞分裂のミスコピーの状況を改善することが、重要なのです。

それを理解せずに、死を迎えるケースがあまりにも多い。

憂うべき状況です。
スポンサーサイト
2009.05.04(Mon)  美容と健康COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
なんでもかんでも







■モバイルブログ お水のお店 モバイルブログ お水のお店へ






TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。