□  2017.08 □  07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫09
プロフィール

藹

Author:藹
 
太古の時代、グリーンランド沖で海底に沈み、4000年を超える悠久の地球の旅を続けるという「海洋大循環」に由来する海洋深層水は、「神秘の水」と言われる超海洋深層水です。

ミネラルバランスが良く、理想的な飲料水として世界から注目され始めています。

妊娠・出産・子育てにお勧めの、素晴らしいお水であるとお勧めできます。

この母なる海からの贈り物、海洋深層水に色々な情報並びに、健康や美容について提供したいなぁと思っています。

『お水のお店』

お水のお店へ


いらっしゃいませ
ブロとも申請フォーム



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
水分補給
■水分補給の習慣
「のどが渇いたなぁ」と思った時(脳がそれを認識した時)には、既に体内の1%の水分が減っているそうです。水分2%の減少で、「激しいのどの乾き」を感じ、4%の減少では、疲労感や吐き気をもよおし、身体が重く感じられるような症状が出てくるようです。
そのために、のどが渇いたと思う前に、水分を取ることが大事になってきます。
時間を決めて水分補給する習慣を身につけましょう。


■水分の補給方法
時間を決めて水分補給するとは、どういうことでしょうか。
のどの渇きを感じようが、感じまいが関係なく、その時間帯になると、水分を補給する習慣をつけることです。
起床して、まずコップ1杯(180ml)。朝食前に、また1杯。
(一般的には、起床後すぐの水分補給は、胃や腸を水が通過するだけで、吸収は多くは望めないと言われています。ただ、吸収があまりされないため、大腸に水が到達し、大腸にあるウンコさんを水でもって軟らかくする効果があり、便通を促すと言われています。便秘の解消に繋がるという事ですね。)
午前中に、1杯。
ランチ前に、1杯。
夕方までに、2杯。
夕食前に、1杯。
入浴前に、1杯。入浴後に、1杯。
就寝前に、1杯。

この他に、生活習慣の違いで、また違った補給時間や方法があります。例えば、スポーツをする前や、スポーツをしている時、そしてスポーツの後。飲酒前と飲酒中、そして飲酒後など、水分補給をしながら、それを意識しながらの生活は、大変重要です。

また、水分補給で気をつけなければいけないことが、ちびちび飲むことです。一気に、大量の水を飲んでも、その水分は吸収されることなく、排出されます。
さらに、水の温度は体温の半分、つまり18℃くらいが適温だと言われています。冷やし過ぎて飲むと、身体を必要以上に、冷やすことにつながります。身体が冷えると、酵素の働きが弱まり、免疫力の低下を招きますので、水は、冷やさずに常温で、ちびちびゆっくり飲むことを心掛けましょう。

お水のお店へ FC2 ブログランキングへ

スポンサーサイト
コメント

 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
なんでもかんでも







■モバイルブログ お水のお店 モバイルブログ お水のお店へ






TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。