□  2017.08 □  07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫09
プロフィール

藹

Author:藹
 
太古の時代、グリーンランド沖で海底に沈み、4000年を超える悠久の地球の旅を続けるという「海洋大循環」に由来する海洋深層水は、「神秘の水」と言われる超海洋深層水です。

ミネラルバランスが良く、理想的な飲料水として世界から注目され始めています。

妊娠・出産・子育てにお勧めの、素晴らしいお水であるとお勧めできます。

この母なる海からの贈り物、海洋深層水に色々な情報並びに、健康や美容について提供したいなぁと思っています。

『お水のお店』

お水のお店へ


いらっしゃいませ
ブロとも申請フォーム



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
人工的なものと自然なもの
無農薬作物が、私たちヒトに対して、「“リスクが低い”という思想や理解を疑ってみる」ということも必要なんじゃないかなぁと思います。

「無農薬野菜」という作物の定義って、何でしょうか?

発がん性があればダメで、無ければ良いって、一見正しいように思えますが、果たしてそうでしょうか?

たとえ発がん性がなくても、僕たちの体に対してリスク因子となるものは、いくらでもあります。

直接的な死因因子にならなくても、健康のリスクとなる因子となれば、安全だと言えるのでしょうか?

無添加の食品や、化粧品が、体に安全だという根拠って、何なんでしょう?

農薬も色々なものがあります。
食品から作られる農薬もあります。

添加物も色々です。
そうです。添加物の由来も色々です。

植物性なら安全?

動物性は、危険?

いわゆる石油って、自然のもの?
石油由来は、危険?

自然なものは、安全?

由来が同じでも、質が違うものはいくらでもあります。
由来が違っても、科学的な合成で、同じものだってできます。

同じ原子で構成されていても、違った構造を持つ“異性体”なんてものもあります。

物質ってものは、色々あるんですよね。

物事を単純に観た方が良い場合と、そうでない場合があるんだと私は思います。

水といっても、何でもそのまま飲めるわけじゃありません。
分子構造が一緒である水なら、安全ですか?危険ですか?

そうですよね。質が重要なんですよね。

『お水のお店』
http://plural.cart.fc2.com/

『すうたまちゃんMALL』
http://suutamachan.shop-pro.jp/
すうたまちゃんロゴ53

スポンサーサイト
コメント

 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
なんでもかんでも







■モバイルブログ お水のお店 モバイルブログ お水のお店へ






TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。