□  2017.10 □  09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫11
プロフィール

藹

Author:藹
 
太古の時代、グリーンランド沖で海底に沈み、4000年を超える悠久の地球の旅を続けるという「海洋大循環」に由来する海洋深層水は、「神秘の水」と言われる超海洋深層水です。

ミネラルバランスが良く、理想的な飲料水として世界から注目され始めています。

妊娠・出産・子育てにお勧めの、素晴らしいお水であるとお勧めできます。

この母なる海からの贈り物、海洋深層水に色々な情報並びに、健康や美容について提供したいなぁと思っています。

『お水のお店』

お水のお店へ


いらっしゃいませ
ブロとも申請フォーム



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
[続] 水をしっかり飲むって、良いことなの?お水のお話 03
『水はいくら飲んでも大丈夫なの? お水のお話 01』
http://deepseawatermahalo.blog96.fc2.com/blog-entry-270.html

『水をしっかり飲むって、良いことなの? お水のお話 02』
http://deepseawatermahalo.blog96.fc2.com/blog-entry-271.html


前回は、過剰な水の摂取のリスクを簡単にご紹介いたしました。

「水毒」の危険性ですね。

さて、よくある「水を飲んでデトックス」という言葉。

水を飲んで、デトックス効果があるのでしょうか?

基本的に、科学的な理屈で言えば、その効果は、巷で言われているようなレヴェルでの期待はありません。

というのも、1日に排出できる老廃物の量は、ある程度決まっています。
つまり、いくら水を飲んでも、老廃物を多く排出できる訳ではないのです。

原則、前述の通り、水を飲むと、体温は下がります。
体温の低下は、基礎代謝の低下を招きます。

基礎代謝が低下すると、身体の様々な機能が低下します。

体温の低下を抑制するために、服を重ねたり、室温を高くすることはとても大事なことです。
しかし、それを行っても、摂取する水分の温度や質によって、体温への影響は大きく変わってきます。

当該温度と同様に、重要な要素である「摂取する水分の“質”」という鍵が、当該水分の「浸透圧」です。

水の浸透圧によって、身体が摂取した水を血液内や細胞内に取り込めるか否かが関わってくるのです。

血液内や細胞内に、摂取した水を取り込めたのなら、ポジティブな効果が期待できることもあります。
しかし、水の質によっては、血液内や細胞内に、摂取した水分を取り込めないケースがあるのです。

「取り込めない」という事実は、単に体を冷やすだけで、血液内や細胞内に、摂取した水分が届かないということです。

その場合、身体を冷やして、摂取した水分は、排尿によって体の外に排出されるだけです。

ものによると高額なミネラルウォーターを飲んでも、身体に何らの効果もなく、身体を冷やして、その水を排出するだけになるという、とても残念な結果を導くだけなのです。


『お水のお店』
http://plural.cart.fc2.com/

『すうたまちゃんMALL』
http://suutamachan.shop-pro.jp/
すうたまちゃんロゴ53

スポンサーサイト
コメント

 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
なんでもかんでも







■モバイルブログ お水のお店 モバイルブログ お水のお店へ






TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。