□  2017.06 □  05≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫07
プロフィール

藹

Author:藹
 
太古の時代、グリーンランド沖で海底に沈み、4000年を超える悠久の地球の旅を続けるという「海洋大循環」に由来する海洋深層水は、「神秘の水」と言われる超海洋深層水です。

ミネラルバランスが良く、理想的な飲料水として世界から注目され始めています。

妊娠・出産・子育てにお勧めの、素晴らしいお水であるとお勧めできます。

この母なる海からの贈り物、海洋深層水に色々な情報並びに、健康や美容について提供したいなぁと思っています。

『お水のお店』

お水のお店へ


いらっしゃいませ
ブロとも申請フォーム



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
過剰な水分の摂取は?
連日の猛暑日で、「もう勘弁して~o(ToT)o ダー」状態の侘介です。

こまめな水分の補給をお願いしていますが、時折「水分を過剰に摂取するのは、腎臓に負担をかけるのでは?」というご意見・ご質問をお客様から頂くことがあります。

最近では、マラソン時の水分の過剰摂取によって、低ナトリウム血症を引き起こす危険性が指摘されています。
簡単に言いますと、塩分不足です。
塩分の摂取をしながら、水の補給を行うことをお薦めいたします。
梅干を一粒食べるのは、とても効果的だそうです。
少し糖分を混ぜることで、塩分の吸収を高めます。

 参照 □スポーツ時の水分補給

では、「可能な水分の摂取は、腎臓に負担をかけるのか?」

基本的には、腎臓が正常な成人なら、水分の過剰摂取を心配する必要は全くないと言って良いでしょう。
腎臓の水分排出能力をあなどるなかれ!
ただ、腎機能だけをフォーカスすると危険です。
甲状腺や肝臓や心臓の機能も正常なことが要求されます。

これらの臓器が正常なら、一日7.5リットルまでなら、十分に水分の排出が可能です。
7.5リットルの水を飲むって、これは大変ですよ~。
スポーツ選手や、夏場外で仕事をする方々なら、考えられる量ですが、一般的には7.5リットルの水分補給は物理的に困難でしょう。がぶ飲みを何度かしなくてはいけないでしょうね。(^.^;

 ※ 腎不全など腎臓に疾患を持つ方は、水分摂取の厳しい制限を受けられています。

お水のお店へ ポチっと押してね♪

すうたまちゃんのつぶやき
Twitterブログパーツ

スポンサーサイト
2007.08.18(Sat)  美容と健康COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
なんでもかんでも







■モバイルブログ お水のお店 モバイルブログ お水のお店へ






TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。