□  2017.08 □  07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫09
プロフィール

藹

Author:藹
 
太古の時代、グリーンランド沖で海底に沈み、4000年を超える悠久の地球の旅を続けるという「海洋大循環」に由来する海洋深層水は、「神秘の水」と言われる超海洋深層水です。

ミネラルバランスが良く、理想的な飲料水として世界から注目され始めています。

妊娠・出産・子育てにお勧めの、素晴らしいお水であるとお勧めできます。

この母なる海からの贈り物、海洋深層水に色々な情報並びに、健康や美容について提供したいなぁと思っています。

『お水のお店』

お水のお店へ


いらっしゃいませ
ブロとも申請フォーム



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
自律神経と白血球
体温免疫学システムをマスターするために欠かすことができないキーワードとして、「自律神経」と「白血球」を挙げる事ができます。
そして、この二つのキーワードの“関係性”が特に重要なのです。

「自律神経」とは、私たちの意思とは関係なく(不随意に)、生命維持活動に不可欠な機能を調整する神経のことです。
心臓、胃、腸などの働きを制御するものです。私たちの意思で、心臓の鼓動を速くしたり、遅くしたり止めたりすることはできませんよね。食事をして、とりあえず胃の中に食べ物を入れておいて、「消化をするのは後にしとこう」だなんて、これまたできません。(^.^;
私たちでは制御ができない機能を制御するのが自律神経なのです。

その自律神経系には、「交感神経」と「副交感神経」があります。
交感神経は、「昼の神経」「闘争と逃走の神経」などと言われ、活動時に活発になる神経です。
対して、副交感神経は、「夜の神経」と言われ、夕方から夜間に活発になる神経です。

私たちの身体は、この交感神経(緊張)と副交感神経(緩和)のバランスに影響を受けるのです。
それぞれの神経がタイミング良く切り替割ることで、健康的な生活を送ることができるのですが、その切り替わりが崩れて、どちらかに傾いてしまうと、体調までもが崩れてしまいます。

そして、この交感神経と副交感神経の影響を大きく受けるのが、白血球なのです。

交感神経の優位が継続されると、白血球のうちの「顆粒球」が増加し、副交感神経の優位が継続すると、「リンパ球」が増加します。

顆粒球とリンパ球の理想的なバランスは、昨日のエントリで前述しましたように、顆粒球が60%、リンパ球が35%。
このバランスが、交感神経、副交感神経のバランスに影響する訳です。

交感神経優位が継続しても、顆粒球が増加(顆粒球過多)して、白血球のバランスが崩れます。
副交感神経優位が継続しても、リンパ球が増加(リンパ球過多)して、やはり白血球のバランスが崩れます。

これらのバランスが崩れると、体温が低下します。
体温が低下すると、体内の酵素の働きが悪くなり、免疫力が低下します。
免疫力が低下すると、病気になっちゃう、ということですね。

では、これらのバランスが崩れた場合、どうしたらいいのでしょうか?

答えは、簡単なんですね。
バランスが悪くなって低下している体温を上げてやれば良いのです。

入浴をゆっくりし、じっくり身体を温めてやること。

 ◇参照 暑い夏には、お風呂です

体温を36.5度前後に保つことによって、免疫力の保持が可能となります。
それは、自律神経や白血球のバランスの良い関係性を維持することに繋がるのです。

入浴に加え、バランスの良い食事と適度な運動も大事ですね。

そして、海洋深層水。
海洋深層水を飲むことで、これまた体温が上昇してくれるんですね。

 ◇参照 脳外科の治療に一役

後は、ストレスを溜めないことですね。
ストレスを受けることを回避することは、まず無理ですので、受けたストレスを解消する方法を、自分なりに見つけなければいけません。
ストレスへの対処法が大事なんですね。

ストレスの解消方法の一つに、ゆっくりと入浴することは有効ですよ。
身体を温めることで、リラックスするんです。
やっぱり、入浴は外せませんね。

お水のお店へ ポチっと押してね♪

スポンサーサイト
コメント

 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
なんでもかんでも







■モバイルブログ お水のお店 モバイルブログ お水のお店へ






TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。