□  2017.10 □  09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫11
プロフィール

藹

Author:藹
 
太古の時代、グリーンランド沖で海底に沈み、4000年を超える悠久の地球の旅を続けるという「海洋大循環」に由来する海洋深層水は、「神秘の水」と言われる超海洋深層水です。

ミネラルバランスが良く、理想的な飲料水として世界から注目され始めています。

妊娠・出産・子育てにお勧めの、素晴らしいお水であるとお勧めできます。

この母なる海からの贈り物、海洋深層水に色々な情報並びに、健康や美容について提供したいなぁと思っています。

『お水のお店』

お水のお店へ


いらっしゃいませ
ブロとも申請フォーム



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
体温が高いと飛べる?
「鳥の体温は、人よりも高い。」


「だから、何?」と言いたくなりますが、鳥が空を飛べる要因の一つが体温であるというお話なんです。

比較的に、哺乳類の中では、人の体温は低い方です。

犬や猫は38.5度。牛も同じ38.5度です。

では、鳥は?

免疫学や医動物学分野の専門である安保徹新潟大学大学院教授によると、スズメの直腸で測った体温は、43度前後だそうです。
スズメより体格の大きな白鳥は、42度前後。
飛べない鳥のニワトリは、40度前後だとのこと。

飛べる鳥は、体温が41度以上だと教授は指摘されています。
飛ぶためには、体温が最低41度は必要である、ということなのでしょうか。
ニワトリが飛べるためには、体温を上げたらいいのかもしれませんね。(^.^) オホホホ

空に飛び立つためには、重力に逆らうための、爆発的なエネルギーが必要です。
そのエネルギーを作り出すためにも、高い体温が必要なんだそうです。

鳥が空を自由自在に飛べるのは、体温が高いためなんですねぇ。

体温って大事なんだなぁ。(^v^)

え?無理やり過ぎ?

いえいえ、その動物(恒温動物)に適した体温がなければ、その動物の特徴である動作ができないということです。
もし冷え性の鳥がいたなら、飛ぶことができないかもしれません。

同様に、私たち人間も、冷え性によって、生命活動が制限されるのです。

「私、低血圧だから、朝が弱いの。」と、朝が起きられない理由を低血圧のせいにする方がいらっしゃいますよね。
これって、ある意味間違った認識ではありません。
寝坊や遅刻を自分の低血圧のせいにするのは、大変無責任な言動ですが、低血圧の人の多くは、低体温の状態なんですね。

健康的な人なら、朝起きた時の体温は、最低でも35度以上はありますが、低血圧の人の多くは、それ以下なんです。

低体温であることは、基本的に副交感神経が優位な状態であると理解できますし、その状態はつまりは、活動的な体環境にないことを意味します。

低体温であることは、「動くことが困難」ということなんです。

だから、低血圧を改善するためにも、体温を上げる努力が必要なんですね。

 ◇参照 酵素の働きと体温の関係
 ◇参照 理想の体温

お水のお店へ ポチっと押してね♪

すうたまちゃんのつぶやき
Twitterブログパーツ

スポンサーサイト
2007.08.31(Fri)  美容と健康COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
なんでもかんでも







■モバイルブログ お水のお店 モバイルブログ お水のお店へ






TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。