□  2017.06 □  05≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫07
プロフィール

藹

Author:藹
 
太古の時代、グリーンランド沖で海底に沈み、4000年を超える悠久の地球の旅を続けるという「海洋大循環」に由来する海洋深層水は、「神秘の水」と言われる超海洋深層水です。

ミネラルバランスが良く、理想的な飲料水として世界から注目され始めています。

妊娠・出産・子育てにお勧めの、素晴らしいお水であるとお勧めできます。

この母なる海からの贈り物、海洋深層水に色々な情報並びに、健康や美容について提供したいなぁと思っています。

『お水のお店』

お水のお店へ


いらっしゃいませ
ブロとも申請フォーム



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
男性が原因の不妊 ~EDが増えてます(ノ_<。)
男性が原因の不妊が増えていることは、先日のエントリでご紹介しました。

具体的な原因としては、

 1. 乏精子症  精子の量が少ない。
 2. 精子無力症 精子の運動率が低く、元気がない。
 3. 射精障害  勃起不全(ED)等のため、性交時の射精ができない。
 4. 高逆行性射精血症  精液が膀胱側に射精される。
 5. 精路通過障害  精子の通り道である精管が欠落していて、精子が作られているのにもかかわらず、精液中に精子が含まれない。
 6. 無精子病  精巣の機能が不十分なため、精液中に精子がいない。

等が挙げられます。

上記の3のEDは、最近富みに増えているそうです(約1130万人と推計されています)。
精子に関してみても、日本人の成人男性の精子数が、この約20年で約1割ほどの減少が報告されています。さらに、精子の奇形が増え、受精が難しいことも指摘されています。

こういった症状・状況の原因はまだ十分に判明しているものではありませんが、睡眠不足や運動不足、偏った食事、そして過度のストレスが考えられています。
また、氾濫する化学物質や環境ホルモンによるものとも言われ、現代に生きる私たちにとって、この状況を解消することは容易でないことは実感するところですね。

免疫と同様、過度のストレスが、不妊に大きな影響を与えています。

ストレスを受けると、男性ホルモンであるテストステロン(男性の性機能をコントロールするホルモン)の分泌量が減少し、精力減退やED、精子異常を招くと言われます。

この状況を解消する対策としてお勧めするのは、やっぱり、身体を温めることですね。
下半身が冷えると、当然下半身の血流が悪くなります。血流が悪くなると、EDになりやすくなるということも言えます。
冷えによって、自律神経のバランスが崩れ、より体温が低下する悪循環が引き起こされます。

 ◇参照 自律神経と白血球

女性は当然ですが、男性も低体温には気をつけなければ、不妊に繋がるのです。
健康に生活するためにも、そして元気な赤ちゃんを妊娠・出産するためにも、身体の冷えをとり、低体温からの脱却を図ることをお勧めします。

そのためには、温めのお風呂(38~39度)にゆっくり入り(20~30分)、適度な運動をして基礎代謝を上げましょう。
ストレスの解消にもなりますからね。

ストレスを溜めたままでいると、仕事にも支障が出てきます。
健康のためにも、そして仕事のパフォーマンスを向上・持続させるためにも、ストレスの解消は重要です。

お水のお店へ ポチっと押してね♪

スポンサーサイト
2007.09.05(Wed)  妊娠 出産 育児COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
なんでもかんでも







■モバイルブログ お水のお店 モバイルブログ お水のお店へ






TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。