□  2017.06 □  05≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫07
プロフィール

藹

Author:藹
 
太古の時代、グリーンランド沖で海底に沈み、4000年を超える悠久の地球の旅を続けるという「海洋大循環」に由来する海洋深層水は、「神秘の水」と言われる超海洋深層水です。

ミネラルバランスが良く、理想的な飲料水として世界から注目され始めています。

妊娠・出産・子育てにお勧めの、素晴らしいお水であるとお勧めできます。

この母なる海からの贈り物、海洋深層水に色々な情報並びに、健康や美容について提供したいなぁと思っています。

『お水のお店』

お水のお店へ


いらっしゃいませ
ブロとも申請フォーム



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
身体を温める食材
身体の冷えを取るため、身体を温めるためには、入浴と足湯をお勧めしています。

入浴をする際には、是非とも入浴剤のご使用もお勧めします。
一番風呂が大好きなお父さんもいらっしゃるようですが、それならなおさら入浴剤を使用されて、一番風呂を満喫して頂きたいですね。

基本的にさら湯は、浸透圧の関係で、体内のミネラルを排出してしまう作用があります。また、体力の低い方やお年寄りには負担が大きく、血圧の急激な上昇の危険があります。
さらに、身体に必要な脂分まで取る恐れがあり、皮膚の弱い方には、さら湯は避けるべきだと思います。
私自身、アトピー性皮膚炎で苦しんだ時期がありますが、さら湯の場合と、入浴剤を入れた場合の違いは、明白でした。

身体を温める他の手段といえば、食べ物ですね。
身体を温める作用のある代表的な食材は、ゴボウ、大根、カブなどの根菜類です。

栄養素からみると、ビタミンEやビタミンCが豊富に含まれている食材がお勧めです。
ビタミンEは、血行を良くしてくれ、ホルモンの分泌を調整してくれます。
具体的には、緑黄色野菜や穀類、豆類ですね。

ビタミンCは、イチゴやキウイなどの果物や、イモ類などですね。

基本的に冬が旬の野菜は、身体を温めるものが多いですね。
自然は、よくできてきるものですね。

さらには、薬味やスパイスとして使われる食材も、身体を温める効果があります。血行が促進されるんです。
ニンニク、ネギ、生姜。その他、香辛料と言われるものです。

生姜やネギは、昔から風邪を引いたときに身体を冷やさないように、薬の代わりに重宝されていたものですね。

気をつけたいことは、野菜を生のまま食べると、身体を冷やすことです。
つまりは、火を通して温野菜にして食事することが大事なんですね。

お水のお店へ ポチっと押してね♪

すうたまちゃんのつぶやき
Twitterブログパーツ

スポンサーサイト
2007.09.07(Fri)  美容と健康COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
なんでもかんでも







■モバイルブログ お水のお店 モバイルブログ お水のお店へ






TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。