□  2017.08 □  07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫09
プロフィール

藹

Author:藹
 
太古の時代、グリーンランド沖で海底に沈み、4000年を超える悠久の地球の旅を続けるという「海洋大循環」に由来する海洋深層水は、「神秘の水」と言われる超海洋深層水です。

ミネラルバランスが良く、理想的な飲料水として世界から注目され始めています。

妊娠・出産・子育てにお勧めの、素晴らしいお水であるとお勧めできます。

この母なる海からの贈り物、海洋深層水に色々な情報並びに、健康や美容について提供したいなぁと思っています。

『お水のお店』

お水のお店へ


いらっしゃいませ
ブロとも申請フォーム



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
論文でない研究成果に対する触れ方 下
それにしても、理系の研究論文に対して、私たち素人が厳密に評価など、まず無理なのですから、だから所謂一般・市販の図書で発表された見解に素人が、あれこれと口を出すしかないんですよね。
でも、その口の元は、多くが専門家の見解をコピーしているに過ぎません。

「こんな見解もあるんだよ」という指摘や意見の交換で、情報に対する理解が深まってくるのですから、様々な意見が交換されることは大変重要なことだと思います。

そういうことを考えると、主張主体者に対して「幅の広い情報でもって評価せよ」云々といった、いきなり無礼な指摘をするような方は、所詮人を批判することに終始するものだと私は感じております。
(この度のコメント欄に、その類のものが残念ながらありました。)

意見交換がヒートアップして、収拾がつかなくなることは、ありますが、いきなり感じの悪いコメントをされると、単なる嫌がらせとしか思えなくなるのも仕方がないと思います。
そう思われるのが当然であると思えないものか?と私は思います。

そういった過ちは、私も繰り返してしまいます、相手に不快を与えるようなことをすれば、その釈明とお詫びは必ずするように心掛けています。

様々な意見に触れながら、その情報を自分なりに咀嚼し、消化することで、自分なりの考えが頭の中で構成されるものです。
だからこそ、一つの主張だけでなく、様々な主張に触れ、それぞれの主張に対して、様々な方向から観察・熟考することが重要なのです。

それは、多元的な事象の見方や考え方ができるということですよね。
そこから多様性を許容できる、柔らかな感性や考えが養われるのではないかと思います。

無責任な主張で、他者を傷つけることを回避する努力はすべての人がすべきことは言うまでもないことです。
科学的に不確実でも、早期の対策をとることが、予防原則に基づくものであるのなら、早期に研究成果について評価することは大変重要なことです。

科学的な因果関係が完全に証明されていない状況においても、その危険性があると考えられるなら、その危険を回避するための努力をすることは、危機管理としては当然の所為です。その十分証明が為された時には、手遅れだなんて事態は、あってはならないとわたしは考えています。

だからこそ、リスクヘッジをしながら、多元的な物の見方をしていきたいと思います。
これ、ほぼ先日のエントリのコピーです。(^.^; オホホホ

お水のお店へ ポチっと押してね♪

スポンサーサイト
2007.09.26(Wed)  その他COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
なんでもかんでも







■モバイルブログ お水のお店 モバイルブログ お水のお店へ






TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。