□  2017.08 □  07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫09
プロフィール

藹

Author:藹
 
太古の時代、グリーンランド沖で海底に沈み、4000年を超える悠久の地球の旅を続けるという「海洋大循環」に由来する海洋深層水は、「神秘の水」と言われる超海洋深層水です。

ミネラルバランスが良く、理想的な飲料水として世界から注目され始めています。

妊娠・出産・子育てにお勧めの、素晴らしいお水であるとお勧めできます。

この母なる海からの贈り物、海洋深層水に色々な情報並びに、健康や美容について提供したいなぁと思っています。

『お水のお店』

お水のお店へ


いらっしゃいませ
ブロとも申請フォーム



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
手がつけないこどもたち ~こけ方も知らんこどもたち
こどもたちの身体に起こっていることって、一般的にどれほど認識され、どれほど深刻に受け止められているのでしょうか?
知らなければ、深刻にもなれませんよね。

深刻に思っているのは、何も私だけではありません。
幼稚園や保育園の先生たちも、それを指摘されていますし、様々なメディアでも指摘されていますね。

外で遊ぶことが少なくなったこどもたち。動く遊びが減ったこどもたち。
そんなことが原因なのか、本能的な運動能力、特に回避する/自己防衛する本能が低下しているのではないかと、指摘する専門家もいます。
体育の先生も、同じ様なことを仰っていました。
ありえない転び方、こけ方をする子が多いと。まるで赤ちゃんだと。
手をつけずに、頭から落ちたりこけたりするんだそうです。頭を守ろうとする本能が働いていないのか、働いても運動能力が無いため、それができないのか。

大切な本能が低下しているのではないかと思ってしまう出来事はたくさん聞きますが、まずは本能の後にくる運動能力の問題があることは、何となく分かるような気がします。
私たちは、身体を動かすことによって、生きている訳ですから、動けないと、なかなか上手い具合に生き抜くことは困難です。心臓が心拍を打っているのも運動ですからね。
なんでも理想的な動きができないと、しんどいですよね。

兎にも角にも、今のこどもたちの体力が、私たちが想像している以上に低下しているのです。
総合的な体力ではなく、一部の部分で。
私の個人的な感想は、総合的にも体力は落ちていると思うのですが…。

その一つに、握力や背筋力の低下が顕著です。(持久力も落ちてるなぁ。)
例えば、旧スポーツテストでのデータですが、当時の文部省(現文部科学省)の2000年の『体力・運動能力調査報告書』では、2000年の小学生6年の男子が、1965年の小学生6年の女子よりも、背筋力指数(背筋力/体重)が低くなっています。
背筋力指数と言えば、2.0の数値を下回れば、大人の介護に支障をきたし、1.5を下回れば子育てに支障をきたすと考えられています。

背筋力の低下で、背骨が湾曲しているこどもも増えているようで、そのために成人してから内臓圧迫を引き起こしてしまう危険があります。

私たちの身体を支えるために重要な背筋が低いこともあるのでしょうか、最近は筋力のバランスが悪く、さらには柔軟性が低いことで、運動能力自体が低下し、些細なことで怪我をしてしまうことが言われています。

身体のバランスは、背骨で決まると言っても良いでしょう。
その背骨をまっすぐに保ってくれるのが背腹筋です。
内臓の位置を保つのは腹筋です。腹筋が足りないと、内臓が下に落ちちゃいます。下腹が…。(ノ_<。)うっうっうっ
背筋腹筋のバランスも大切です。

そうです、とにかく身体はバランスが大事。

何でも、バランスです!

お水のお店へ ポチっと押してね♪

スポンサーサイト
2007.09.28(Fri)  妊娠 出産 育児COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
なんでもかんでも







■モバイルブログ お水のお店 モバイルブログ お水のお店へ






TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。