□  2017.10 □  09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫11
プロフィール

藹

Author:藹
 
太古の時代、グリーンランド沖で海底に沈み、4000年を超える悠久の地球の旅を続けるという「海洋大循環」に由来する海洋深層水は、「神秘の水」と言われる超海洋深層水です。

ミネラルバランスが良く、理想的な飲料水として世界から注目され始めています。

妊娠・出産・子育てにお勧めの、素晴らしいお水であるとお勧めできます。

この母なる海からの贈り物、海洋深層水に色々な情報並びに、健康や美容について提供したいなぁと思っています。

『お水のお店』

お水のお店へ


いらっしゃいませ
ブロとも申請フォーム



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
こんなところに米が?!
こんな施錠

米びつの入った戸棚は、息子が開けないように施錠している。
施錠していると言っても、こどもが開けられないような程度のグッズで、力で強引に開けることができる。
なので、力づくで開けられることを知ってから、ガンガンガンガン扉を引っ張って開けるようになった。
最近は、開けるたびに、米びつからお米を握りとって、床にばら撒くようになった。
一粒一粒拾い取るのも大変。
紙に米を寄せて取ることもあるけれど、量によってはその紙を用意するのが面倒で、一粒ずつ取ることも。

そんな時先日、米びつが施錠できることに気づき、それからお米の被害はなくなるものと安心していた。

しかし、今日、いつものようにその扉を無理やり強引に開けると、いつも聞き慣れた音がしたのだ。
「パラパラ、パラパラ」と。

「え?何の音?」
「なんで?」

と不思議に、でも何となく嫌な感じで、その音がする方に目をやると、なんと床には米が散乱しているじゃないの。

「え?なんで?鍵が掛かってなかったんかいな?」と。

近くにいた妻が、「こんなところに隠してたん?」と息子に。

なんと、息子が既に戸棚内のガラスボールに米を隠し入れていたようだ。
米びつが開けられないので、そのへそくりのような米を、使ってばら撒いたということ。

なんちゅうガキや!
参りました。

お水のお店へ ポチっと押してね♪

スポンサーサイト
2007.10.01(Mon)  妊娠 出産 育児COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
なんでもかんでも







■モバイルブログ お水のお店 モバイルブログ お水のお店へ






TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。