□  2017.08 □  07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫09
プロフィール

藹

Author:藹
 
太古の時代、グリーンランド沖で海底に沈み、4000年を超える悠久の地球の旅を続けるという「海洋大循環」に由来する海洋深層水は、「神秘の水」と言われる超海洋深層水です。

ミネラルバランスが良く、理想的な飲料水として世界から注目され始めています。

妊娠・出産・子育てにお勧めの、素晴らしいお水であるとお勧めできます。

この母なる海からの贈り物、海洋深層水に色々な情報並びに、健康や美容について提供したいなぁと思っています。

『お水のお店』

お水のお店へ


いらっしゃいませ
ブロとも申請フォーム



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
変温動物?!前編
平熱の理想の体温は36.5度前後だと言われています。

 ◇参照 理想の体温
 ◇参照 酵素の働きと体温の関係

低体温の危険性については、これまでも言及してきましたが、今日はこどもたちの体温について、書いてみたいと思います。
1970年代の頃から、子供たちの低体温が指摘されてきたそうです。
昭和の初期の頃は、平熱が35度台の低体温の児童の割合は、2~3%ほどだったのに対して、現在は約10%ほどに達しているとの指摘がされています。
低体温のこどもたちが増えている事実は、ショッキングなものなのですが、さらに驚くべきことが指摘されています。

こどもたちの体温について、詳しく調査を進められている日本体育大学名誉教授の正木健雄(まさき たけお)さんによると、体温調節の機能が未発達なこどもが増えているそうです。

私たち人間は、体内で熱を作り出したり、体内の熱を外に逃がしたりする体温を調節する機能をもつ恒温動物です。

それなのに、常に一定の体温を保とうとする機能が未熟で、まるで変温動物のようなこどもたちが増えているそうなのです。

起床時には35.5度、登校時には37度、給食を食べる頃には37.4度、下校時には37.8度まで変化しているこどもがいたそうです。
半日に、運動をしないで2度程度の上昇という事実は、変温動物だと言ってもいいほど、大きな変化だそうです。
(運動をすれば、当然体温は上がりますよ。)

この事実は、起床した時に、熱を作り出すことができず、活動をし始めて、ようやく体温が上昇し、上昇した体温、つまりは熱を体の外に排出することができずに、身体にこもってしまっているいうことを示しています。

朝方の体温が低いことは当然ですが、やはり起床時の体温は、36度は必要だと言われています。36度から始まって、食事や日常の活動を始動することで体温は上昇し、体温のピーク時は、大体昼頃が理想です(36.8度前後)。

それが上記のように、16時から18時頃までにずれ込んでいます。

  ―― to be continued.

お水のお店へ ポチっと押してね♪

スポンサーサイト
2007.10.02(Tue)  妊娠 出産 育児COMMENT(1)TRACKBACK(0)TOP
コメント

はじめまして。
ゆとりある生活を送るために、
育児をしながらでもできる、
お小遣い情報・バイト情報を集めてます。
お暇がありましたら、遊びに来て下さい☆
kirall 2007.10.03(水) 00:33 URL [編集]



 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
なんでもかんでも







■モバイルブログ お水のお店 モバイルブログ お水のお店へ






TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。